PAGE TOP ▲
盗聴器の販売とレンタル【GQU】

盗聴器専門店[GQU]TOP会社案内サイトマップ注文問合せ

商品カテゴリ

盗聴器

盗聴器用受信機

セット商品 オススメ

コンクリートマイク

録音機
  (ICレコーダー)

偽装式 録画カメラ

盗聴器 発見機 注目 !

3万円以上のお買上げで送料無料

カード決済の場合の配達は路上渡し不可です

偽装式録画カメラ販売再開 ≫サンプル動画公開中

レンタルのご案内

当店の商品は一部を除きレンタルでもご利用頂けます
レンタルの紹介

お店紹介

盗聴器の販売とレンタル
(株)ジーキューユー
(0940)42-6685
時間外の電話は以下
(090)5281-4292

商品カタログ

PDFなので印刷もできます
商品カタログ

お得情報

盗聴発見機コンクリートマイクの一部商品を期間限定のキャンペーン特価で販売しています

オススメコンテンツ

様々な情報を公開
用語集/コラム/Q&A

注文方法

当店では買い物カゴでの注文を推奨しています
買い物カゴの使い方

買い物カゴ以外では
・注文フォーム
・Eメール
・電話
・FAX

などでの注文も受付けております。これらの具体的な注文方法については以下をご覧下さい
注文ページ

通販での支払方法

通販での代金のお支払い方法は4つあります

1.代金引換(着払い)※推奨
商品受取時に配達員へ現金でお支払い下さい。
即日発送が可能です。

2.クレジットカード
ご注文時に同時にカード決済を行います。
支払回数 一括/リボ(リボ専用カードのみ可能)
対応 VISA/MASTER/JCB
即日発送が可能です
カード決済

3.銀行振込(先払い)
代金総額(送料含む)を当店口座へお振込み下さい。
入金確認後の出荷となります。

4.現金書留(先払い)
代金総額(送料含む)を当店へ郵送して下さい。
代金到着後の発送となります。

お支払い方法はご注文時に指定して下さい

商品代金以外に必要な費用

通販の場合、商品代金以外に以下の費用が必要です

1.送料
全国一律1,000円
※商品代金の合計が3万円を超える場合は購入に限り送料無料。(レンタルは対象外)

2.手数料
代引きの場合は400円
振込の場合は振込手数料

発送時期と納期

当店では原則として即日発送体制をとっています

支払方法が「代金引換」の場合は当日発送で対応し、銀行振込の場合は入金確認後に発送します

お届け予定日は当店出荷日の翌日又は翌々日です
お届けにかかる日数

配送業者:ヤマト運輸

買物カゴの中身を見る


サイト最新更新日
2017-02-21

盗聴器の販売店 お知らせ

盗聴器の販売店 お知らせ

 商品メニュー    一般メニュー

盗聴器の販売とレンタルコラム>盗聴器は合法の商品です

盗聴器に関するコラム (2012−01−18)

盗聴器は合法の商品です

盗聴器についてテレビや雑誌などで「盗聴犯」という表現がされ法律を犯していると誤解されがちですが、盗聴器は国の法律を満たした合法品です。
盗聴器が合法品である条件や、どのような行為が違法になるかを考えたいと思います。

盗聴器とは

ここで言う盗聴器とは、周囲の音を集音し電波で送信する「盗聴発信機」を指します。
周囲の音をマイクで集音し電波で送信するので、電波を傍受するためには受信機が必要となります。
電波の飛距離は500mくらいが限界なので、傍受する人間は受信機を持って電波の飛距離内に入る必要があります。
一般的に盗聴器はこの「電波式盗聴発信機」の総称で、世間で流通しているほとんどがこのタイプの盗聴器となります。

盗聴器に対する国の法律

盗聴器は電波を送信するので法律による国の規制があります。
そもそも電波を扱う人間は資格や免許が必要で、誰にでも簡単に許可されている訳ではありません。
盗聴器に関しては「微弱な電波」であることを条件に資格がない人間でも扱うことが許されており、電波の出力さえ守っていれば国の法律を満たした合法品という事になります。
ちなみに「微弱な電波」では電波の到達距離が500m程なので、それを超える出力の盗聴器は違法である可能性が高くなります。

国内電波法

上記で紹介した国の法律を詳しく紹介します。
電波に関する法律は「国内電波法」というものがあり、総務省が所管しています。
盗聴器を作っている国内のメーカーはもちろん法律を考慮して製造してますので、通常流通している盗聴器は合法品となります。
もしもお客様が電波が1km届くような盗聴器を目にしたら、それは「違法品」だと思われて間違いありません。
電波が1kmも飛ぶような発信機は「微弱な電波」とは言えず、資格や免許が必要になる出力レベルだからです。

盗聴器は「合法品」でも使い方で「違法」になるケースとは

上記の通り盗聴器自体は「合法品」であっても、その使い方で「違法」になることはもちろんあり得ます。
金属バットで人を殴って殺せば罪に問われるように、どのような物でも使い方によっては違法になり得るでしょう。
盗聴器の場合、他人の住居に勝手に設置すると「不法侵入」、他人の車に設置すると「器物破損」などの罪に問われます。
また、知り得た情報を元に恐喝や産業スパイなどをするとそれぞれ違法になるでしょう。
親が子供の部屋にとか妻が夫の部屋になど身内で盗聴器を使う場合は罪にならないと思いますが、知り得た情報の扱い方に注意する必要があります。

専門店としての見解

これまで紹介してきたとおり、盗聴器は電波飛距離が500mぐらいまでの物に限り合法品と思ってもらって間違いないでしょう。
ただし、盗聴器を使う状況や環境で罪に問われる場合もあります。
盗聴器を販売している専門店としては、使い方はお客様に一任しておりますので罪を犯すような行為をされないように願うばかりです。
盗聴器を使った場合に法律を犯すケースについて詳しく知りたい方は、弁護士など法律の専門家にご相談下さい。
(当店の見解は一企業としての考え方なので、法律に適するかなどの保証は一切ありませんのでご理解下さい)

[盗聴器/情報収集機器/発見器 総合販売・レンタル]
株式会社ジーキューユー
(連絡先) Eメール info@pi-pi.com TEL (0940)42-6685
Copyright (C) 2002 GQU Co.,Ltd. All Rights Reserved.