PAGE TOP ▲
盗聴器の販売とレンタル【GQU】

盗聴器専門店[GQU]TOP会社案内サイトマップ注文問合せ

商品カテゴリ

盗聴器

盗聴器用受信機

セット商品 オススメ

コンクリートマイク

録音機
  (ICレコーダー)

偽装式 録画カメラ

盗聴器 発見機 注目 !

3万円以上のお買上げで送料無料

カード決済の場合の配達は路上渡し不可です

偽装式録画カメラ販売再開 ≫サンプル動画公開中

レンタルのご案内

当店の商品は一部を除きレンタルでもご利用頂けます
レンタルの紹介

お店紹介

盗聴器の販売とレンタル
(株)ジーキューユー
(0940)42-6685
時間外の電話は以下
(090)5281-4292

商品カタログ

PDFなので印刷もできます
商品カタログ

お得情報

盗聴発見機コンクリートマイクの一部商品を期間限定のキャンペーン特価で販売しています

オススメコンテンツ

様々な情報を公開
用語集/コラム/Q&A

注文方法

当店では買い物カゴでの注文を推奨しています
買い物カゴの使い方

買い物カゴ以外では
・注文フォーム
・Eメール
・電話
・FAX

などでの注文も受付けております。これらの具体的な注文方法については以下をご覧下さい
注文ページ

通販での支払方法

通販での代金のお支払い方法は4つあります

1.代金引換(着払い)※推奨
商品受取時に配達員へ現金でお支払い下さい。
即日発送が可能です。

2.クレジットカード
ご注文時に同時にカード決済を行います。
支払回数 一括/リボ(リボ専用カードのみ可能)
対応 VISA/MASTER/JCB
即日発送が可能です
カード決済

3.銀行振込(先払い)
代金総額(送料含む)を当店口座へお振込み下さい。
入金確認後の出荷となります。

4.現金書留(先払い)
代金総額(送料含む)を当店へ郵送して下さい。
代金到着後の発送となります。

お支払い方法はご注文時に指定して下さい

商品代金以外に必要な費用

通販の場合、商品代金以外に以下の費用が必要です

1.送料
全国一律1,000円
※商品代金の合計が3万円を超える場合は購入に限り送料無料。(レンタルは対象外)

2.手数料
代引きの場合は400円
振込の場合は振込手数料

発送時期と納期

当店では原則として即日発送体制をとっています

支払方法が「代金引換」の場合は当日発送で対応し、銀行振込の場合は入金確認後に発送します

お届け予定日は当店出荷日の翌日又は翌々日です
お届けにかかる日数

配送業者:ヤマト運輸

買物カゴの中身を見る


サイト最新更新日
2017-02-21

盗聴器の販売店 お知らせ

盗聴器の販売店 お知らせ

 商品メニュー    一般メニュー

盗聴器の販売とレンタルコラム>盗聴器と法律

盗聴器に関するコラム (2003−09−09)

盗聴器と法律

ここでは、一般的な盗聴器と盗聴行為について、法律面から説明します。

盗聴器はそのイメージから、どうしても違法性の強い印象を受けます。
どうしても盗聴器を使用する必要があるが、違法になるのでは?と法律面で心配している方も大勢いますし、当店にも同様の問合が多数寄せられています。
盗聴器を購入する行為、盗聴器を使用する行為などがはたして違法となるのか?また、盗聴器を使用する上で一般的にどのような行為が違法となるのか?出来る限りわかりやすく説明します。

盗聴器の購入は違法ではありません

日本の法律では、盗聴器の販売や購入は違法ではありません。現在、特に盗聴器の販売や購入を制限するための法律は存在しません。
製品自体は「盗聴器」と呼んでいますが、基本的には微弱電波を発信する送信機として扱われます。それを「盗聴」行為に使うため「盗聴器」と呼ぶのです。

盗聴器を仕掛ける時

盗聴器を仕掛ける際に許可なく他人の住居等に侵入すると、「住居侵入罪」により罰せられますので注意して下さい。

●刑法百三十条 『住居侵入罪』
理由なく、他人の住居または人が看守する邸宅、建造物に侵入し、または要求を受けてもその場所から退去しない者は三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

盗聴を行う時

盗聴行為(受信行為)自体はなんら違法なものではありません。仕掛けた盗聴器からの電波を、手元の受信機で受信して会話を聞く事は、携帯ラジオでラジオ放送を聞く事となんら変わりはありません。

盗聴によって知り得た情報の扱い

盗聴により知りえた情報(会話や通話の内容)を第三者に漏らしたり、公表したりすると、「秘密の保護」により罰せられますので注意して下さい。

●電波法第五十九条(秘密の保護)
何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。

●電波法第百九条(第五十九条の罰則規定)
無線局の取り扱い中に係る無線通信の秘密を漏らし、又は窃用した者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

当店が販売する盗聴器は全て合法品です

当店が販売している盗聴器は全て電波法第四条による合法品です。
製品自体は「盗聴器」と呼んでいますが、基本的には微弱電波を発信する送信機として扱われます。それを「盗聴」行為に使うため「盗聴器」と呼ぶのです。

●電波法第四条(無線局の開設)
無線局を開設しようとする者は、郵政大臣の免許を受けなければならない。ただし、次の号に掲げる無線局については、この限りではない。
一、発射する電波が著しく微弱な無線局で郵政省令で定めるもの

盗聴内容が裁判の証拠として認められた例

浮気調査で実際に盗聴を行い、その録音資料が裁判での証拠として認められた実例がありますので紹介します。

夫の電話を盗聴した録音テープを証拠とし、妻が夫の不倫相手に一千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が、平成2年の某地裁でありました。
裁判官は、「たとえ証拠取得方法に違法性があっても、証拠能力が失われるとはいえない」と録音テープの証拠能力を認め、「守操請求権を侵害した」として不倫相手の女性に四百万円の支払いを命じました。
なお、この場合の証拠収集を行ったのは専門の探偵業者でしたが、個人での録音でも同様に証拠として認められるでしょう。

注)当店は法律の専門家ではありませんので、正確には法律の専門家(弁護士等)にご確認下さい。




[盗聴器/情報収集機器/発見器 総合販売・レンタル]
株式会社ジーキューユー
(連絡先) Eメール info@pi-pi.com TEL (0940)42-6685
Copyright (C) 2002 GQU Co.,Ltd. All Rights Reserved.